スターティーインターナショナル九州支社 Home >> SEO対策のための用語集 >> あ・か行

SEO対策のための用語入門

[あ行・か行]

日本語では「発リンク」といい、ホームページから別のホームページへハイパーリンクを設定する事をいいます。被リンクの逆で、他のホームページを支持しているとみなされます。
アクセス解析
ホームページを訪問したユーザーの情報を統計的に解析し、訪問者の傾向や人気ページ、環境情報などを基にマーケティングを行うためのツールです。
アフィリエイト
自身の管理するホームページに広告バナーや広告テキストを掲載し、ユーザーのクリックやアクションの出来高によって利益を得るものです。アフィリエイトプログラムを通じて、広告主と直接やり取りせずに様々な広告を掲載できるため、一般のユーザーにも導入しやすいものとして人気です。
アライアンス
マスメディアなどでよく使用される用語で、A社とB社が共同で事業を行うなどの業務提携、代理店販売などを契約する事を意味します。
アンカーテキスト
Webページのマークアップ内で、アウトバウンドリンクとして記述した文字列の事です。<a href=...などと記述します。
アルゴリズム
コンピューターや、プログラム言語など、様々なシステム(問題)を解決するための情報プログラムの事です。
インデックス
索引の事で、Webサイトの場合はインデックスファイルを基にホームページが表示されます。SEOでは検索エンジンのデータベース上に、ウェブサイトのページして登録が行われる事を意味します。
アウトバウンドリンク(発リンク)の逆で、自身のWebサイトに他のホームページからリンクを貼られたものを意味します。また、優良なウェブサイトからのインバウンドリンクはSEO対策としても非常に効果的です。
インプレッション
インターンネット広告がWebサイト上に表示される事を意味します。1つの広告が表示された総数です。
検索エンジンの検索結果ページに表示される内容で、広告や有料リンクを含まないエリアをいいます。
外的要因
自身のWebサイトの内容やマークアップ処理に依存しない部分のSEO対策を意味します。おもにインバウンドリンクや、検索エンジンの結果画面からのクリック率評価などを意味します。
キーワード(metaキーワード)
HTMLファイルのヘッダーエリアに記述するmetaタグのキーワードコンテンツです。ページ情報として、端的に内容を説明する単語を複数組み合わせて記述します。
クローラー
インターネット上を巡回し、自動的にデータベースへ情報を登録するロボットです。検索エンジンやマーケティングなど自動処理を必要とする分野で利用されています。
キャッシュ
Webサイトの閲覧履歴や検索履歴、閲覧したホームページの情報などを含む記録データを意味します。使用中のブラウザや環境によってキャッシュされるものが異なり、オンライン上にキャッシュされる情報なども含まれます。
コンバージョン
商用目的のWebサイトで、達成目標として設定される目的です。例えば、商品が売れた、会員登録があった、見込み客が増えた、など提供される内容によって様々な成果が想定されます。
クロスリスティング
2006年に開始されたリスティングサービスで、エキサイトやgooなどの提携先に「カテゴリ検索」と「検索連動型広告」を配信するものです。
コメントスパム
不特定多数の掲示板やブログなどのコメント投稿を利用して、URLを含む記述を無差別に行うスパムロボットです。質の低いインバウンドリンクを多量に作成するため、SEOにおいては対策が必要となります。

SEO対策やホームページ制作ならお任せ下さい!
[対応エリア] 福岡県 熊本県 長崎県 佐賀県 大分県 宮崎県 鹿児島県 山口県
(出張可能エリアであれば対応させていただきます)

このページのトップへ


この画面を閉じる